[新品SACD シングルレイヤー] ショスタコーヴィチ:交響曲第8番ハ短調Op.65 ムラヴィンスキー/レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

¥ 4,100

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

[Altus] [ALTSA-312] [日本]
[曲名]
Shostakovich : Symphony No.8 in C minor Op.65
[演奏]
Evgeni Mravinsky / Leningrad Philharmonic Orchestra
[注意点/コメント]
日本語帯・解説付
-キングインターナショナルHPより-
これほどまでに凄かった。
ムラヴィンスキーのショスタコーヴィチ8番、1982年盤が
未亡人所蔵の音源から新マスタリング。ついに真の姿を現した!
ショスタコーヴィチ:交響曲第8番ハ短調Op.65
エフゲニー・ムラヴィンスキー(指揮)、レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団
ライヴ録音:1982年3月28日/レニングラード・フィルハーモニー大ホール

★SACDシングルレイヤー盤。ムラヴィンスキー&レニングラード・フィルによる1982年のショスタコーヴィチの交響曲第8番といえば、空前の名演として他の録音を寄せつけない特別な存在となっていました。しかし発売当初から、ピッチの異常による音程の不安定とテンポの早まりが指摘されてきました。にもかかわらず演奏の凄さが問題を凌駕して不動のベスト盤に君臨し続けています。
★その後、Russian Discからピッチ修整盤がリリースされましたが、音質がイマイチだったためファンの満足を得られませんでした。さらにRegisからもピッチ修整盤がリリースされましたが、ノイズリダクションのためか、生々しい迫力がそがれたような印象で、これも満足のいくものではありませんでした。
★そうした不満を解消したディスクがついに登場します。未亡人所蔵の音源からAltusが念入りにマスタリングを施し、フィリップス盤をも上回る生々しさに加え、ピッチを正したことで凄絶さが増して、ちょっと人間業とは思えぬ次元の演奏が蘇りました。
★ショスタコーヴィチの交響曲第8番は1943年に作曲、ムラヴィンスキーに献呈されました。同年11月3日にムラヴィンスキー指揮ソヴィエト国立交響楽団により世界初演。ムラヴィンスキーは生涯に36回演奏し、6種の録音が残されています。なかでも1982年盤は、この曲のベスト演奏としてショスタコーヴィチ・ファンの至宝とみなされています。
[録音年]1982 [製造年]2015
SACDシングルレイヤー Stereo [収録時間]1:02:42 [盤質]SS(新品) [CD枚数]1

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

ショップの評価